フェレット用品専門店『ferretmart』

2013年08月18日

ドライフードの賞味期限

120827.jpg


残暑お見舞い申し上げます。


異常な猛暑が続いていますね。
これだけ暑いと、熱中症が怖くて我が家のフェレットさんはずっとクーラーの部屋の中ですf^^;
それでも走り回るとハァハァ言っているので、この暑さは本当に怖いですね。通院などで外出しなければならない方は、くれぐれも暑さ対策は万全にしてあげてください。


これだけ暑いと発送する商品も大丈夫かとちょっと心配になってしまいますが、以前、ドライフードについてこんなお話がありました。
ドライフードでお腹を壊してしまうというお話で、獣医さんに診せても治らないのでサプリメントを与えたいとのことでした。フードは何種類もミックスして与えているということでしたので、それならばとサプリメントを試すのとは別にフードを変えてみたらどうでしょう?と伺ってみたところ、買ったばかりのフードを単体で与えてみたらあっさり治ったそうですf^^;

最近のフードは天然の酸化防止剤(保存料)と称してトコフェロール(ビタミンE)などが使われています。BHAなどの化学合成保存料と比べ身体に害がないと言われていますが、その代り保存料としての効果はBHAなどに比べて低いです。

そもそも、ドライフードの消費期限は開封後1ヶ月です。賞味期限が何ヶ月も残っていても、封を開けてしまえば酸素に触れてしまいますので1ヶ月ほどで食べきらなければなりません。ちゃんと注意喚起しているメーカーはあまりないのですが、ロイヤルカナンのHPには記載されていました。

ロイヤルカナンのドライフードにはBHAが使われていますので、天然の酸化防止剤が使われているフードはもっと早く腐敗してしまうかもしれないですね。
特にミックスしたフードを与えていると、どのフードが傷んでいるのか特定し難くなってしまいますし、1製品は少量でも何種類も混ぜれば大量になりますのですぐに食べきるのが難しくなってしまいます。

その方は開封後2ヶ月以上経っているフードを与えていたようでしたf^^;
身体に害がある保存料を気にする以前に、酸化したフードやカビの生えたフードを食べ続けてしまったら化学合成保存料よりも遥かに害がありますからね。下痢ですぐにSOSが発見できてラッキーだったのかもしれません。そのようなフードを食べ続ければ、気がついた時には取り返しのつかない病気になっている可能性もあります。特に気温が高く腐りやすい夏場は常に気にしてあげていただければと思います。


ちなみに、ミックスフードに関しては、ならば少量の商品を買って1ヶ月で食べきれるように作ればよいのかといえば、それも個人的には問題があるのではないかと思っています。
今流通している少量の商品は輸入品を国内でリパックしたものがほとんどですが、製造時に窒素充填をしているものを開けてしまい、脱酸素剤を入れてリパックしていますので表記通りの賞味期限はない可能性があります。当店もリパックした商品を仕入れている立場なのであまり大っぴらには言えませんが、脱酸素剤だけでは真空にできるわけではないので、開封した時点で風味が落ちている可能性も考えて、開封後1ヶ月と言わずすぐに食べきっていただいた方が良いのではないかと思いますf^^;

ブレンドフードを与える目的としては、食に対する柔軟性の問題や、栄養の偏りを防ぐというお話を聞きますので、それならばリパックではない商品を1ヶ月以内に消費して、色々な商品をローテーションすれば良いのではないかと個人的には思います。
切り替えの数日はなかなか食べてくれなくて困るかもしれないですけどねf^^;


話が逸れてしまいましたが、暑い時期には普段以上に、ドライフードの取り扱いには注意してあげてください(^^





posted by ferretmart at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

消化酵素の選び方 その3

kouso-tedukuri.JPG


やっと本題ですf^^;

一番多くお問い合せをいただく「当店で扱っている消化酵素の違い」についてご案内します。
当店で扱っている消化酵素は下記の6種類です。


フェレット専用消化酵素:ノーマル
フェレット専用消化酵素:ドライフード用
フェレットフード用消化酵素
フェレットの手作りご飯用消化酵素
ペット用消化酵素
乳糖分解酵素


乳糖分解酵素はミルクでお腹を壊してしまうフェレットさんの為に乳糖を分解する酵素を単品で販売しているものです。

それ以外の5種類は炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素を中心にブレンドされたオールマイティな消化酵素ブレンドをベースにしていますので、ベースとなる消化酵素の機能は同じなのですが、成分に動物由来の成分を含むか、100%植物由来成分かの違いがあります。


《動物由来の成分を含む消化酵素ブレンド》
 ・ペット用消化酵素
 ・フェレット専用消化酵素:ノーマル
 ・フェレットの手作りご飯用消化酵素

 ⇒効果は高いが独特な匂いと苦味がありフードに直接振りかける用途には不向き
  ふやかしご飯や手作り食などに混ぜ込んで与える


《100%植物由来成分の消化酵素ブレンド》
 ・フェレットフード用消化酵素
 ・フェレット専用消化酵素:ドライフード用

 ⇒フルーツ由来原料も入っており甘く嗜好性高い
  ドライフードに直接振りかけて与える方法に向いている
  ※初めての味は警戒して必ず嫌がりますので慣らす期間は必要です



我が家の手作り食で試してみても、動物由来の方が脂質に対する効果が高いようでしたので、脂質の消化不良が多いフェレットさんには動物由来の成分が入ったブレンドの方が良いと考えて、当初は動物由来のブレンドのみで販売していました。

でも、使っていただいているお客様から「嫌がってご飯を食べなくなる」というお話を何件かいただいてしまいました。動物由来の成分は独特な匂いと味がするので味に敏感なフェレットさんは気にしてしまうんですね。

そこで、ドライフードに直接ふりかけて食べてもらう場合には嫌がられてしまう事が分かりましたので、ドライフードに振りかけても嫌がられない消化酵素を探して作ったのが「ドライフード用」になります。

※分かりやすく「フェレットフード用」と書いていますが、キャットフードやドッグフードに使っていただいても問題ありません(笑)

実際に使ってみた感覚では動物由来成分が入っている方が効果が高いように感じますので、ふやかしご飯や手作り食などで混ぜて与える方のために、商品を別けて動物由来成分が入っている消化酵素も引き続き販売しています。


また、「フェレット専用消化酵素」、「フェレットの手作りご飯用消化酵素」はベースとなる消化酵素ブレンドに目的に合わせたハーブなどをプラスしています。


□ フェレット専用消化酵素:ノーマル
 動物由来の成分を含む消化酵素ブレンドにインスリノーマ対策のハーブをプラス

□ フェレット専用消化酵素:ドライフード用
 100%植物由来成分の消化酵素ブレンドにインスリノーマ対策のハーブをプラス

□ フェレットの手作りご飯用消化酵素
 動物由来の成分を含む消化酵素ブレンドにタンパク質分解酵素を強化



「フェレット専用消化酵素」はドライフード用であっても、ハーブがプラスされていて少し苦いですので、ドライフードにそのまま振りかけると嫌がられてしまう場合があります。
どうしてもハーブを嫌がってしまう場合は、ハーブの入っていない「フェレットフード用消化酵素」を与えてください。


お客様からの声を反映して「ドライフード用」を作ったように、今後も実際に与える方と食べるフェレットさんの声を反映して改良していきたいと思います。

「ウンチの状態が改善した」「食欲が出てきた」など嬉しいお声はいただくのですが、悪いことに関しても是非教えていただきたいと思いますので、お気軽にご連絡ください(^^


kouso-tedukuri.JPG
消化酵素一覧はコチラから



posted by ferretmart at 04:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

消化酵素の選び方 その2

フェレットの腸内細菌叢バランスを整える



前回の記事では、「目的に合ったものを選んでください」というお話を書きましたが、今回はもう少し複雑なお話です。

前回の「他のところで薦められた消化酵素は全然効かなかったけど、フェレットマートで買った消化酵素をあげたらウンチが普通に戻った」という嬉しいお話をたくさんいただく、というお話に戻りますが、前回書いたように、明らかに「目的と違う」と分かれば、選ぶときに絶対に間違えないと思うんです。

でも、ウンチの状態を改善したい時に「腸内環境を整えます」と書いてあったら間違っているとは思いませんよねf^^;

お問い合せの中に出てくる製品で一番多いのがこれなんですが、商品をよく読むと、「プロバイオティクス」とか「腸内細菌叢を良い状態に」「善玉菌を増やして腸内環境を改善します」などの記述があります。

これって酵素の他に整腸剤が入っていますよねf^^;


 プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスとは「消化管内の細菌叢を改善し、宿主に有益な作用をもたらしうる有用な微生物と、それらの増殖促進物質」のこと。つまりプロバイオティクス機能を持つ微生物を摂取すると、それが消化管内(口腔内や腸内)のフローラ(細菌叢)に作用し、フローラの健常化をはかりながら、疾病の予防、改善を行う、というものである。
(日本プロバイオティクス学会HPより引用)

 整腸剤とは?

整腸剤とは、何らかの原因で腸内の環境が悪くなり、下痢や便秘などになってしまった際に、腸内環境を整えて腸を正常な働きに戻すためのもの。主な成分は、ビフィズス菌や乳酸菌で、腸にとって有用な菌を外から補い、腸内の環境を整えることによって、腸内細菌叢の異常によって起こる様々な症状を改善します。


大雑把に言ってしまうと、腸内細菌のバランスを整える「乳酸菌」などの菌のことを「プロバイオティクス」。それを使って下痢や便秘などになってしまった腸の働きを正常にするのが「整腸剤」です。


すなわち、商品説明を読むと、明らかに「整腸剤」の商品説明なのですが、なぜか「酵素」という看板で販売している、まさに「看板に偽りあり」の商品が多いようです。
だから買う側も混乱して、お問い合わせをいただくのだと思います。

「食物酵素」と「プロバイオティクス」は基本的には関係ありませんので、恐らく、消化酵素のイメージで食物酵素を購入されたお客様から「下痢が治らない」と言われて、酵素に整腸剤を入れて誤魔化すような事になってしまったのかもしれないですねf^^;


では、一方の食物酵素には本当に下痢が起きている状態を正常にする作用はないのか?
それは前回書かせていただいた通り「食物酵素」として売っている「食物を発酵させて造った酵素」は、中にどんな作用をする酵素が入っているのかわからないので、恐らく消化酵素は少ないと思います。
また、パイナップルやパパイヤを使ったものであればタンパク質分解酵素が入っていると思いますが、果物を発酵させた粉と、当店で販売している商品のように消化酵素を抽出してサプリメントにした製品とでは、同じ量の中に含まれる消化酵素の量が全然違います。全くないと言ってしまうと違いますが、改善を感じられるほどにはない場合が多いのではないでしょうか。

また、そもそもの話として、消化酵素のサプリメントは消化不良の際に補って消化不良を改善する為のものです。
腸内細菌叢バランスを整える整腸剤とは、見た目の結果は同じでも、目的は全く違う別物なんです。

だから、他の酵素では効果がなかったけど当店の商品ではうんちの状態が改善した、というお声をいただいたお家のフェレットさんは「消化不良」だったのだと思います。


余談ですが、同じウンチがゆるい状態でも上記のように全く違うケースがありますので、「改善しなかった」という連絡をいただく事も当然あります。
その場合には、プロバイオティクスのサプリメントである「フェレットの腸内細菌叢バランスを整える」をお薦めしています。
獣医さんで「悪玉菌が増えている」と言われた場合には、こちらのサプリメントをお試しいただければと思います。


このお話は非常に複雑で(世の中の「酵素」商品が複雑にさせているような気がしますがf^^;)なかなかうまく説明できないのですが、大丈夫でしたでしょうか?

ウンチが緩い原因には、大雑把に分けて消化不良の場合と腸内環境が悪い場合があって、消化不良には「消化酵素」、腸内環境が悪い場合には「プロバイオティクス」という事だけ覚えていただければ大丈夫です(笑)


お問い合わせを色々いただく中で非常に感じるのですが、フェレットはなぜか消化不良の子が多いですね。
開店した頃は「フェレットの腸内細菌叢バランスを整える」をお薦めしていたのですが、結果的に「消化酵素」が正解の場合が多かったです。

高齢だったり、病気をしていると、更に比率が上がると思います。
原因は分かりませんが、消化酵素を作るのはすい臓や肝臓ですので、インスリノーマや肝機能が悪い子が多いフェレットは、正常に消化酵素を作れていないのかもしれないですね。

ドライフードを与えていると、食物繊維が多いですし、飲水量も足りていないので、あまり水下痢にはなりにくいと思いますが、ツブツブになっていたり、ドロっとしている状態であれば消化不良が起きていて、しっかりと栄養が摂れていない可能性があります。

毎日しっかりと栄養を摂ることが健康な身体を作るためには必要ですので、その場合はふやかしご飯にして様子をみて、改善しない場合には消化酵素を試していただければと思います。



posted by ferretmart at 04:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェレット用品専門店『ferretmart』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。